本格的な医療脱毛に挑戦

医療脱毛の効果にも個人差があることを忘れずに

未分類

レーザー脱毛の痛みに耐えられないら…家庭用脱毛器で自宅でセルフ脱毛

投稿日:2017年7月13日 更新日:

ムダ毛の処理方法にはカミソリや毛抜きを利用したものや、ブラジリアンワックスや除毛クリームでのケアなどがあります。
これらは自宅で手軽にできる反面、肌を傷つけやすいというデメリットがあります。さらに、すぐにムダ毛が伸びてしまうのも悩みです。
これらを解決させるには、専門の施設で脱毛を受けるのが1番です。脱毛方法にはフラッシュを肌に照射するものと、レーザーを照射するものがあります。一般的にレーザーを使用した施術がムダ毛に対して最も脱毛効果があると言われており、永久脱毛に近い仕上がりを期待することができます。ですが、そのぶん痛みが強いというデメリットがあります。
そのため、乾燥肌や敏感肌、日焼けをしている人は痛みが強くなる傾向にあります。
さらに、顔やVIOラインのケアも痛さが増しやすくなるので注意が必要です。医療脱毛レーザーは、麻酔を使用して施術を進めることができますが、どうしても痛みが気になるという人は、家庭用の脱毛器でセルフ脱毛を試してみましょう。
高いムダ毛への効果を期待できると同時に、自分の好きなタイミングでケアできるのが魅力です。家庭用脱毛器は脱毛施設で使われているものより威力が抑えられているので、痛みが少ないこともメリットです。

医療脱毛レーザーを家庭用に開発されたトリア

手軽に使える家庭用レーザー脱毛器

エステサロンや美容クリニックでの脱毛は、数か月に1度のペースで施設に通い、施術を受ける必要があります。そのため、仕事や学業が忙しい人や、育児中で自分の時間を作りづらい人は通いにくいというデメリットがあります。
それに対してケノンやトリアなどの家庭用脱毛器は、自分の好きな時間でケアができるうえに、費用が安いのが魅力になります。また、家庭用脱毛器を1台購入すれば、家族や友人などと共有して使用できるのも嬉しいポイントです。家庭用脱毛器の中でもトリアは、美容クリニックなどで使用されているレーザーでムダ毛ケアできるのが特徴です。さらにレーザーの照射パワーレベルを簡単に調整することができるので、自分の肌質や施術部位によって威力をコントロールすることが可能です。
トリアを効果的に使用するなら、ムダ毛の毛周期にあわせてケアするよう心がけてみましょう。脱毛効果はムダ毛が成長段階の時に施術をすると最も大きくなります。
このタイミングは数か月毎に訪れるので、数か月間隔をあけてトリアを使うのがおすすめです。トリアを使用する時は、ムダ毛を短くカットすることで、さらに痛みを和らげることができます。

-未分類

執筆者:

関連記事

ただでさえ難しいムダ毛の処理。敏感肌の人の脱毛はどうすればいい?

敏感肌の人は自宅でセルフ脱毛はおすすめできない

夏場はもちろん、厚着の季節である秋や冬もムダ毛を綺麗にすることは、女性必須の美容ケアと言っても過言ではありません。 ムダ毛の処理方法にはカミソリや電気シェーバーを使ったり、除毛クリームなどの手段があり …

VIO脱毛

お試しでVIOの医療脱毛

エステサロンや脱毛サロンは脱毛のお試し体験をよく行っていますが、両ワキや腕などが多く、VIOのお試しはあまり行っていません。美容外科クリニックも同様で、VIOのお試しはあまり実施されていませんが、期間 …

レーザー脱毛の仕組み

レーザー脱毛の仕組みと医療レーザーの種類について

レーザー脱毛は医療行為にあたるので、医療機関でしかできません。レーザーは波長によって特定の色や物質に作用するので、この性質を利用して脱毛を行います。毛根の黒色のメラニン色素に反応するようにレーザーの波 …

vioの脱毛に向いている医療脱毛

ブログでも人気の医療脱毛がvioの脱毛に向いているのはなぜなの?

脱毛する部位は人によって異なりますが、多くの方が気になっているのがデリケートゾーン、いわゆるvioではないでしょうか。 普段は洋服で見えない部位ではありますが女性としては美しく見せたい、一番差が出るケ …

計画的な脱毛は逆算する

効果を計画的に得たい場合には、完了させたい日から逆算する

医療脱毛は美容脱毛と異なり、より医学的な側面から脱毛の施術を実施していきます。そのため、個人個人の肌や毛根の性質を医学的な側面から診断し、それぞれに適した方法を行うことが可能になります。この事からも分 …